thankブログ

戸建てでキッチンのリフォームする前に!費用の相場を知ろう!

2023.12.26

キッチンリフォーム費用のブログのサムネ

戸建てのキッチンは、築年数が経つほど劣化し、使い勝手やデザインに不満を感じることが増えてきます。ある程度の年月が経過すると、老朽化が進み、リフォームの検討が欠かせなくなることもあります。そこで、多くの方が直面する疑問が、「戸建てのキッチンリフォームにどのくらい費用がかかるのか?」「他の方は実際にどれくらいの費用でリフォームを行ったのか?」という疑問もつきものですよね。

そこで本記事では、戸建てのキッチンリフォームにおける費用に焦点を当て、具体的な金額の範囲や他のリフォームを経験した方々の費用事例について、分かりやすく解説いたします。戸建てのキッチンリフォームにおいてお金のことで迷っている方、リフォームを検討しているけれど費用の目安がつかない方、ぜひこの記事を参考にしてください。理想のキッチンが手に入るヒントがここに詰まっています。それでは、戸建てのキッチンリフォーム費用についてみていきましょう。

戸建てとマンション、リフォームするときの違いは?

キッチンリフォームには多額の費用がかかるだけでなく、建物構造の制約も検討する必要があります。そして、このリフォーム費用は戸建てとマンションでは大きく異なります。マンションの場合、水道管の向きが変更できず、理想の配置に制限が生じることがしばしばあります。そのため、マンションリフォームではマンションの図面や利用規約を把握し、プロのアドバイスを仰ぎながら進めることが賢明です。

一方で、戸建てのキッチンリフォームは、マンションに比べて制約が少ないと言えます。この自由度の高さから、自分の理想に合わせてキッチンをリフォームすることが可能です。例えば、新しいアイランドキッチンを導入したり、スペースを有効に使うアイディアを実現することがしやすいのです。また、採光を取り込む工夫も自由自在ですので、キッチン空間にさらなる魅力をプラスできます。

戸建てのキッチンリフォームの費用相場

一般的に100万円から150万円がおおよその目安となります。ただし、コンロやレンジフードの一部分のみを交換・修理する場合は、数十万円で済むこともあります。一方で、システムキッチン本体の交換やキッチンの内装のリフォームまで行う場合は、100万円を超えることが多いため、リフォームローンを組まれる方も多いです。

費用の内訳

キッチンリフォームの費用は様々な要素から構成されています。その内訳を見ていきましょう。

仮設工事

 

  • 床や壁などが傷つかないように保護する費用
  • リフォーム後のクリーニング費用

 

解体工事

 

  • 昔のキッチンを解体する費用
  • 解体した際の廃材処分費

 

内装/電気/給排水設備工事

 

  • 壁紙などの内装や電気、水道工事にかかる費用
  • 衛生設備工事と書かれたりもする。

 

住宅設備工事

 

  • キッチン設備や本体などの設置をする費用

 

諸経費

  • リフォーム会社の人件費
  • 一般管理費
  • 工事スタッフの交通費など

 

費用を抑える方法

予算内でキッチンリフォームを行いたい方に、費用を抑えるためのアプローチをご紹介します。

 

キッチン本体の費用を抑える

  • キッチンのグレードやシリーズによって価格が異なります。予算内で工夫するためには、妥協できる部分は妥協し、こだわるべきところはこだわりをもって、本体のデザインや機能を選びましょう。
  • レンジフードやコンロ、水栓などの設備機器の選択でも予算が大きく変わります。優先順位を考え、デザイン性と使いやすさをバランスよく選ぶことがポイントです。

補助金・減税制度の利用

  • 国や自治体から提供されている補助金制度を利用することで、一部費用を助成してもらえます。要介護や要支援の方には介護保険の住宅改修費支給制度もあり、同居する世帯で活用できますので自宅で介護されている方などがいらっしゃる場合は負担も軽くなるのでお薦めです。
  • バリアフリー化や耐震化、省エネ化、同居対応、長期優良住宅化などが補助制度の対象となることも多く、所得税や固定資産税の減額や軽減が行えたり、贈与税が非課税となるなどリフォームを行った場合のメリットもあります。
  • 工事が始まる前に申請が必要だったり、時期によって予算が終了してしまったり、同時に申請できない組み合わせなどもありますので、最新情報は都度確認することが大切です。

使いやすいキッチンの選び方

予算との相談も大切なことですが、自分のライフスタイルに合わせた使いやすいキッチンを選ぶことが鍵となります。「キッチンって何をどうやって選べばいいのか…」と迷ってしまった方のために、キッチンを選ぶポイントについて詳しく解説します。

効率重視なら作業動線「ワークトライアングル」を意識する

シンク・コンロ・冷蔵庫の3点を結ぶ「作業動線」をワークトライアングルと呼びます。この配置で考えることで、動きやすく、使いやすいキッチンを実現できます。

このワークトライアングルは、三辺の合計が3.6~6.6mの範囲がベストとも言われています。

まずは自分にぴったりなレイアウトを選ぶ

キッチンのレイアウトは主に6つのタイプがございます。今のお住まいに合わないレイアウトもございますので、一度、ご自身のお住まいと照らし合わせながらご覧ください。

I型キッチンのイメージ

I型キッチン(壁付け)

シンプルで効率的なI型キッチンは、特に一人暮らしやコンパクトな間取りの住宅に適しています。シンクやコンロが壁一列に並んで配置されるため、ダイニングやリビング空間を広くすることができます。

II型キッチン(2列型)

シンクとコンロが向かい合う配置で、シンク、冷蔵庫、コンロの3つの作業スペースが三角形になることで、移動がしやすい機能的なキッチンスペースとなります。幅によっては複数人での作業もしやすくなり使い勝手が良いレイアウトです。

L型キッチンのイメージ

L型キッチンのイメージ

L型キッチン

シンク、コンロ、冷蔵庫がL字型に並ぶL型キッチンは、II型キッチンに続き、動線が効率的で作業がスムーズなレイアウトです。ただし、キッチンのコーナー部分がデッドスペースになりやすいため、何を置くかの工夫が必要です。

 

U字型キッチン(コの字型)

シンク、コンロ、冷蔵庫をコの字に配置したU字型キッチンは、L字型よりもさらに動線が効率的で作業しやすい特徴があります。しかし、実際はかなり広めのスペースが必要となってしまうので、一般的な間取りでは実現がむずがしいことも。

アイランド型キッチンのイメージ

アイランドキッチン

シンクやコンロ、または両方を含むカウンターを「島」のように独立させて配置されたレイアウトなので、アイランドキッチンと呼びます。カウンターの両端が壁付けされていないため、左右どちらからでもぐるっと回ることができる点が開放的なので、大勢で料理を楽しむのに適しています。

ペニンシュラ型キッチンのイメージ

ペニンシュラキッチン

アイランドキッチンの一端が壁に接しているタイプをペニンシュラキッチンといいます。そのため、背後のスペースにはカップボードなどを置いて、食器棚や家電収納、作業台として使用することが多いレイアウトです。新築の分譲戸建てなどではこのタイプが主流なことも多いので、新築の友達の家に遊びに行った際によくみるレイアウトだと思います。

 

キッチンの高さを意識する

最後に、どれだけ効率のいいキッチンのレイアウトでも、身長に合わないと腰が痛くなったり、届かなかったりと日常のお料理がストレスとなりかねません。ワークトップや吊戸棚の高さを自身の身長に合わせて選び、快適なキッチン環境を整えることが必要不可欠となります。「高さ」も忘れずに意識しておきましょう。

キッチンリフォームの流れとポイント

「キッチンを新しくしたいけれど、何から始めたらいいのかわからない…」という方に、キッチンリフォームをする際の進め方とポイントを分かりやすくご紹介します。理想のキッチンを手に入れるために、以下のステップを参考にしてみてください。

1. 情報収集

キッチンリフォームで実現したいことをリストアップし、イメージを明確化しましょう。雑誌やカタログ、WEBサイトなどから「こんなキッチンにしたい」というリフォーム事例を集め、相談の資料として役立てます。次に、リフォームの計画として、何を外したくないのか、優先順位をつけていきます。

2. ショールームで実際のキッチンを見てみる

実際のショールームへ行ってみるとイメージと現実のギャップが出てくると思います。自分の「今のキッチンの不満点」「新しいキッチンで実現したいこと」「目指したいキッチン空間のイメージ」をより具体化させていきましょう。ショールームではキッチンのデザインや機能を実際に見て触れることができ、イメージが具体的になります。

名古屋でいろんなキッチンが見れる大きめのショールームも一部紹介いたします。

 

LIXILショールーム名古屋

住所:愛知県名古屋市中村区名駅南4丁目11番40号

休館日:毎週水曜日(祝日の場合は営業)、夏期、年末年始

https://www.lixil.co.jp/showroom/tokai/lixil_nagoya/

 

タカラスタンダード 名古屋駅前ショールーム(名古屋三井ビルディング1F)

住所:愛知県名古屋市中村区名駅南1丁目24番30号  名古屋三井ビルディング本館1階

休館日:毎週水曜日

https://www.takara-standard.co.jp/showroom_search/aichi/

 

サンワカンパニー 名古屋ショールーム

住所:愛知県 名古屋市東区 泉1-21-27 泉ファーストスクエア 1F・2F

休館日:年末年始、夏期休業期間

https://www.sanwacompany.co.jp/shop/app/contents/showroom_detail/nagoya/

 

3. 工務店に相談

プランが固まってきたら、信頼できる工務店に相談しましょう。現場調査では、リフォームの担当者が来訪し、現在のキッチンの寸法を計測いたします。その際に、給排水やガスの配管、電気の配線、搬入口などをチェックし、プラン内容が実現可能か検討します。見積書の確認や予算の調整もこの段階で行います。

また、プランが決まっていなくても原崎工務店ではお客様の理想をお聞きしながらどの形がベストなのかも即座にご提案いたします。今のお困りごとも含めて一緒に最適なキッチンのリフォームプランを考えていきましょう!

4. 工事・引き渡し

プランが決定して契約締結後は、工事が始まります。注意点などもございますので、担当に確認をして、家族での共有を行ってください。また、戸建てでの工事の場合、リフォームが大規模なものだと3~4か月かかることがあります。他にも追加工事が発生する場合は、見積もり変更や工期の延長などがあるので、ご相談の際に確認をしていきましょう。

 

キッチンリフォーム中の食事について

キッチンリフォームの場合、住みながら工事を進めることは可能ですが、キッチンが使えないため、冷蔵庫の位置を確保しておいて、お惣菜やお弁当などを利用したり、外食で済ませるなどが必要になります。「なるべく温かいいつもの食事が食べたい」というときは、卓上用コンロなどを使用して、自炊することがお薦めです。電子レンジも使えるので、ほとんど制限がなく料理することができます。ただ、洗い物に関しては、洗面台で洗っていただくしかないので、できるだけ洗い物が出ないものを使用したり、紙コップ、紙皿などで減らせる準備をして置けると良いかと思います。

 

戸建てのキッチンリフォーム事例

戸建てのキッチンリフォームの参考事例をご紹介します。これらのリフォーム事例を通して、機能性やデザインの工夫、専門家のアドバイスがどれほどキッチン空間を変えるかを体感してください。

憧れだったカップボードを利用したペニンシュラ型キッチン

リフォーム前: 夫婦ふたりで過ごす日常が快適であるべきと考えたA夫妻。壁付で古いキッチンは使い勝手が悪く、特に収納スペースに課題がありました。吊戸棚が狭く、物が取りにくい状態でした。

リフォーム後:ペニンシュラ型のキッチンに一新。吊戸棚をなくし、広々としたカウンタースペースに変更し、カップボードを利用して食器や調理器具が整理しやすくなりました。これまで背を向けている状態だったのでリビングとの一体感が生まれ、料理中も会話が弾むようになりました。

ポイント:

  • ペニンシュラ部分にカウンターを設置し、くつろぎのスペースを確保。
  • 収納の見直しで、キッチンまわりの無駄なものを整理。

採光を最大限に取り込むL型キッチンで清潔感アップ

リフォーム前: 暗い印象の古いキッチンに悩まされていたBさん。窓の配置が悪く、自然光がほとんど取り込めない状態で、調理中も料理が楽しめない状態でした。

リフォーム後: 窓の位置を変更し、採光を最大限に取り込むL型キッチンにリフォーム。キッチン全体に白を基調とした明るいカラーを選び、開放感と清潔感がアップ。食事の時間が楽しみになりました。

ポイント:

  • 窓の位置変更により、自然光が豊富に取り入れられ、キッチン内が一気に明るくなった。
  • 白を基調としたシンプルなデザインで、広々とした印象を持たせた。

明るい家族のキッチンイメージ

まさか壁が取れて広い空間になるとは!

リフォーム前: C家では家族が料理を手伝うことが少なかった。古いキッチンは狭く、家族全員が一緒に立つのは難しい状態でした。

リフォーム後: 広々としたアイランド型キッチンに生まれ変わり、家族全員が一緒に料理できるスペースが確保されました。キッチンとリビングが一体となり、家族のコミュニケーションが増加。料理が楽しくなり、家族団らんの場として機能しています。

ポイント:

  • カウンターを中心に配置し、家族全員が対面できるようにデザイン。
  • 間取り変更も行い、開放的で家族が過ごしやすい雰囲気を重視。

工務店に相談しよう

私たちと一緒に、理想の住まいを形にしませんか?

名古屋市守山区にある原崎工務店(Thank Design)では、毎月多くのお客様のご自宅のリフォーム・リノベーションを手がけています。私たちの特徴を3つご紹介します。もし気になる点があれば、お気軽にお問い合わせください。あなたの理想の住まいを実現するお手伝いができることを楽しみにしています。

私たち原崎工務店の特徴

 

経験豊富な専門家としての自負心

これまでに名古屋エリアで600件以上の住宅を見てきました。お客様のご期待に応えるべく、原崎がその場であなたのお悩みを解決します。

 

デザインとコーディネートの一貫サポート

私たちは単なる工務店ではありません。建築士やデザイナーと連携し、外観から室内までをトータルにサポート。厳選した丁寧な職人たちと共に工事を進め、プロジェクトを緻密に管理しています。

 

あなたとの密なコミュニケーションとカスタマイズ提案

私たちはお客様とのコミュニケーションを大切にし、あなたの価値観に合わせたご提案をいたします。例えば、お伺いした際に、木の雰囲気と剥き出しのコンクリートの雰囲気を融合させたいとのご要望に対し、木の素材感を活かした天井のラワン貼りを提案させていただきました。こういったあなたに合った提案を心がけています。

お問い合わせはいつでも受け付けています

リノベーションに関するご相談や疑問がありましたら、どうぞお気軽に私たちにご連絡ください。あなたの理想の住まいづくりを、私たちと一緒に叶えていくことを楽しみにしています。お気軽にお知らせください。

この記事をシェアする

ブログ一覧に戻る

おすすめ記事

thankブログの記事をご紹介しています。

リノベーションとリフォームの違いは?

リノベーションとリフォームとの違いは?進め方から事例まで紹介

2023.11.05

名古屋市内のリフォームとリノベーションの費用の違い

名古屋市内のリフォームとリノベーションの費用の違い

2023.12.06

住宅のリノベーションに使えるローン2種類を徹底比較!

住宅のリノベーションに使えるローン2種類を徹底比較!

2023.12.20

キッチンリフォーム費用のブログのサムネ

戸建てでキッチンのリフォームする前に!費用の相場を知ろう!

2023.12.26

リフォーム全体の流れ9ステップ

名古屋市でのリフォーム全体の流れ9ステップ

2024.01.27

リフォーム全体の工事期間の目安を徹底解説!

名古屋市でのリフォーム全体の工事期間の目安を徹底解説!

2024.01.31

公式ブログ