thankブログ

2024.05.10

中古マンションリノベーションの業者選び方

マンションのリノベーションは、住まいの快適さを向上させるための重要なステップです。リノベーションを成功させるためには、信頼できる業者選びが欠かせません。しかし、リノベーション業者には様々な種類があり、それぞれの特徴や強みを理解することが重要です。この記事では、リノベーション業者の種類や選び方のポイント、費用の相場や補助金の活用方法について詳しく解説します。リノベーションを検討中の方にとって、役立つ情報をお届けします。

業者選びのポイント

リノベーションを成功させるためには、信頼できる業者選びが重要です。ここでは、リノベーション業者を選ぶ際に考慮すべきポイントを詳しく解説します。

工事実績・デザインが好みに合っているか

リノベーション業者を選ぶ際にまず確認すべきは、その業者の工事実績です。過去の施工事例をチェックし、業者がどのようなデザインを得意としているかを見極めましょう。実績が豊富な業者は、様々なニーズに対応できる柔軟性を持っています。

また、自分の好みやライフスタイルに合ったデザインを提供できる業者を選ぶことが重要です。業者の公式ウェブサイトやカタログを見て、デザインの傾向やスタイルを確認しましょう。自分の理想とする住まいのイメージに近い事例が多い業者であれば、リノベーションの満足度も高まります。

さらに、業者との打ち合わせ時に具体的なデザイン提案を受けることで、どれだけ自分の要望を理解してくれるかを判断することができます。信頼できる業者は、顧客の意見を尊重し、納得のいく提案を行ってくれます。

対応とアフターサービスが充実しているか

リノベーションは長期にわたるプロジェクトであり、業者の対応やアフターサービスが非常に重要です。まず、打ち合わせの際の対応が迅速かつ丁寧であるかを確認しましょう。問い合わせへの返信が早く、こちらの要望に対して親身に対応してくれる業者は、信頼性が高いと言えます。

また、工事完了後のアフターサービスも重要なポイントです。リノベーション後に不具合が発生した場合に、迅速に対応してくれる業者を選ぶことで、安心して長く住むことができます。アフターサービスの内容や期間については、事前にしっかりと確認しておきましょう。

さらに、保証制度がしっかりしている業者を選ぶことも重要です。工事に対する保証があることで、万が一のトラブルにも対応でき、リスクを軽減することができます。業者選びの際には、保証内容を比較検討することが大切です。

マンション工事の経験と知識があるか

マンションのリノベーションは、一戸建てとは異なる専門知識が必要です。マンション工事の経験が豊富な業者を選ぶことで、建物の構造や管理規約に精通した対応を期待できます。例えば、マンション特有の制約に対応できる業者は、工事の進行がスムーズで、トラブルを回避することができます。

また、マンションのリノベーションでは、近隣住民への配慮も重要です。経験豊富な業者は、工事期間中の騒音や振動に対する対策をしっかりと講じてくれます。事前にマンションの管理組合と連携し、必要な許可を取得する手続きもスムーズに行ってくれる業者を選びましょう。

さらに、マンションのリノベーションに必要な技術や設備を持っている業者を選ぶことも重要です。最新の技術を取り入れた施工を行うことで、快適な住まいを実現することができます。技術力の高い業者は、細部にまでこだわった高品質な仕上がりを提供してくれます。

以上のポイントを踏まえて、リノベーション業者を慎重に選ぶことで、満足のいく住まいを手に入れることができます。リノベーションを検討している方は、ぜひこれらのポイントを参考にして、自分に最適な業者を見つけてください。

 

リノベーション費用の相場

リノベーションを検討する際、費用の相場を把握することは非常に重要です。リノベーションの種類や内容によって費用は大きく異なります。ここでは、部分リフォームとフルリノベーション(スケルトンリフォーム)の費用例、そして間取り変更や防音工事が費用に与える影響について詳しく解説します。

部分リフォームの費用例

部分リフォームは、特定のエリアや設備のみを改修するリノベーションです。費用は比較的抑えられることが多く、手軽に住環境を改善できるため人気があります。

例えば、キッチンのリフォームの場合、システムキッチンの交換収納スペースの拡張などが一般的です。キッチンのリフォーム費用は、おおよそ50万円から150万円程度が相場です。具体的な費用は、選ぶ設備やデザイン、工事の内容によって変動します。

バスルームのリフォームでは、浴槽の交換ユニットバスの導入が一般的です。費用の相場は70万円から200万円程度です。高機能なシャワーや最新の浴室暖房乾燥機を導入する場合、費用はさらに高くなります。

リビングや寝室のリフォームでは、壁紙の張り替え床のリニューアルが中心となります。費用の相場は20万円から80万円程度です。特に、フローリング材の種類や壁紙のデザインによって費用が異なります。

フルリノベーション(スケルトン)の費用例

フルリノベーション(スケルトンリフォーム)は、建物の骨組みだけを残して全面的に改修する方法です。大規模な工事が必要なため、費用は高額になりますが、完全に新しい住まいを手に入れることができます。

一般的なマンションのフルリノベーションの費用は、1平方メートルあたり10万円から20万円程度が相場です。例えば、70平方メートルのマンションをフルリノベーションする場合、700万円から1,400万円程度が目安となります。

フルリノベーションでは、間取りの変更設備の一新が可能です。キッチンやバスルーム、トイレ、リビング、寝室など、すべてのエリアを新しく作り直すことで、自分の理想とする住まいを実現できます。また、断熱性能や耐震性の向上も図れるため、長期的な快適性と安全性が確保されます。

間取り変更や防音工事の影響

間取り変更や防音工事は、リノベーション費用に大きな影響を与える要素です。特に間取り変更は、配管や電気配線の変更が必要になるため、費用が増加することが多いです。

間取り変更の費用は、1部屋の追加や削除であれば30万円から100万円程度が相場です。しかし、配管の大規模な移設や構造的な変更が必要な場合、費用はさらに高くなります。例えば、キッチンの位置を大幅に変更する場合、配管工事が必要となり、50万円から200万円程度の追加費用が発生することがあります。

防音工事は、特にマンションで重要な要素です。防音工事の費用は、壁や床の防音対策によって異なります。簡易的な防音対策であれば、10万円から30万円程度で済むことがありますが、本格的な防音工事では100万円を超えることもあります。防音ガラスや二重窓の導入、吸音材の設置など、対策の内容によって費用が大きく変動します。

リノベーションを計画する際は、これらの要素を踏まえて予算を立てることが重要です。具体的な見積もりを複数の業者から取得し、比較検討することで、納得のいくリノベーションを実現することができます。

リノベーション補助金の活用

リノベーションを行う際に、補助金を活用することで費用を大幅に抑えることができます。国や自治体が提供する補助金制度をうまく利用することで、経済的な負担を軽減しながら理想の住まいを実現しましょう。ここでは、国や自治体の補助金制度と、その要件や申請手続きのポイントについて詳しく解説します。

国や自治体の補助金制度

リノベーションに利用できる補助金制度は、国や

自治体によって提供されています。これらの補助金制度は、エコリフォームやバリアフリー化、耐震改修など、さまざまな目的に応じて設定されています。以下に代表的な補助金制度を紹介します。

国の補助金制度

国が提供する補助金制度には、環境省や国土交通省が実施するものがあります。例えば、環境省の「住宅エコポイント制度」では、省エネ性能の向上を図るリノベーションに対してポイントが付与され、そのポイントを商品券などに交換することができます。また、国土交通省の「長期優良住宅化リフォーム推進事業」では、耐震性や省エネ性能を高めるリノベーションに対して補助金が支給されます。

自治体の補助金制度

自治体ごとに提供される補助金制度も多岐にわたります。例えば、東京都の「住宅リフォーム補助制度」では、高齢者や障がい者向けのバリアフリー化工事や、耐震改修工事に対して補助金が支給されます。大阪市では、「エコ住宅改修助成制度」により、省エネリフォームに対して補助金が支給される制度が設けられています。

要件と申請手続きのポイント

補助金を受けるためには、各制度が定める要件を満たす必要があります。また、申請手続きも正確に行うことが重要です。以下に、補助金の要件と申請手続きのポイントを説明します。

補助金の要件

各補助金制度には、リノベーションの内容や対象となる住宅、申請者の条件など、さまざまな要件があります。例えば、住宅エコポイント制度では、一定の省エネ基準を満たすリフォームが対象となります。バリアフリー化工事の場合、段差解消や手すりの設置など、具体的な工事内容が要件として定められています。

また、補助金の対象となる費用にも制限があります。全額が補助されるわけではなく、一定の割合が補助対象となる場合が多いです。補助金の上限額も制度によって異なるため、事前に確認しておくことが重要です。

申請手続きのポイント

補助金を受け取るためには、正確な申請手続きを行う必要があります。まず、申請書類の準備が必要です。申請書類には、工事計画書や見積書、施工業者の情報などが含まれます。また、工事完了後には、完了報告書や領収書の提出も求められることが多いです。

申請手続きは、通常、工事開始前に行う必要があります。補助金制度によっては、事前に申請を受け付ける期間が定められているため、その期間内に申請を行うことが重要です。また、申請が受理された後に工事を開始し、工事完了後に補助金が支給される流れとなります。

さらに、補助金の申請には一定の期間がかかるため、余裕を持って手続きを進めることが重要です。自治体によっては、相談窓口やサポートサービスを提供している場合もあるため、必要に応じて利用しましょう。

補助金制度をうまく活用することで、リノベーション費用を抑えながら、快適で安全な住まいを実現することができます。リノベーションを検討している方は、ぜひこれらの補助金制度をチェックし、自分に合った制度を活用してください。

 

リノベーション会社の種類

地域密着の会社

リノベーションを成功させるためには、地域に密着した会社を選ぶことが非常に重要です。地域密着型の会社は、地元の特性や気候条件を熟知しているため、その地域に最適なリノベーションを提供することができます。さらに、地元での評判や実績が確認しやすく、信頼性が高いのも魅力です。

名古屋市なら原崎工務店

名古屋市でリノベーションを検討している方には、原崎工務店が非常におすすめです。私たち原崎工務店は、地域密着型の工務店としての実績を持ち、地元の住民から高い評価を得ています。私たちは、名古屋市の気候や風土を考慮したリノベーションを提案し、快適な住まいを実現します。

原崎工務店の特徴は、お客様のニーズに合わせたカスタマイズが得意な点です。例えば、家族構成やライフスタイルに合わせた間取り変更や、最新の省エネ設備の導入など、細部にわたるまで顧客の要望を反映させることができます。また、施工前には詳細な打ち合わせを重ねることで、イメージ通りのリノベーションを実現します。

さらに、私たちは地元のネットワークを活用し、質の高い素材を適正価格で提供することができます。これにより、コストパフォーマンスに優れたリノベーションを実現できるのも大きな魅力です。

親身になってくれてスピード対応力が高い

地域密着型のリノベーション会社を選ぶもう一つのメリットは、親身になって対応してくれることです。私たち原崎工務店のスタッフは、お客様一人ひとりに対して丁寧な対応を心がけており、疑問や不安をしっかりと解消してくれます。特に、初めてリノベーションを行う方にとって、信頼できるパートナーの存在は非常に重要です。

また、私たちはスピード対応力にも定評があります。緊急の修理や、突発的な問題が発生した際にも迅速に対応しているため、安心してリノベーションを進めることができます。地域密着型の会社だからこそ、地元の事情をよく理解しており、フレキシブルに対応できるのです。

さらに、地域密着型の会社はアフターサービスも充実しており、リノベーション完了後も長期間にわたってサポートを受けることができます。定期的な点検や、必要に応じたメンテナンスを提供してくれるため、長く快適に住み続けることが可能です。

以上のように、地域密着型のリノベーション会社は、地元の特性を活かした最適なリノベーションを提供し、親身で迅速な対応が期待できます。名古屋市でリノベーションを検討している方は、ぜひ私たち原崎工務店のような信頼できる地域密着型の会社を選んでみてください。

リノベーション専門会社

リノベーション専門会社は、マンションのリノベーションに特化した業者です。これらの会社は、豊富な経験と専門知識を持ち、リノベーションプロジェクトを効率的かつ高品質に実現します。以下に代表的なリノベーション専門会社を紹介します。

LOHAS studio、リノデュース、ゼロリノベなど

LOHAS studioは、健康的で持続可能なライフスタイルを提案するリノベーション会社です。自然素材を使用したデザインが特徴で、快適な住環境を提供します。リノデュースは、おしゃれで機能的な空間づくりを得意とし、顧客のライフスタイルに合わせたリノベーションプランを提案します。ゼロリノベは、低価格で高品質なリノベーションを実現することを目指しており、コストパフォーマンスに優れたサービスを提供しています。

実績と専門性が高い

リノベーション専門会社は、長年の実績と専門性の高さが特徴です。多くのプロジェクトを手がけてきた経験から、どのようなニーズにも対応可能な柔軟性を持っています。また、リノベーションの専門知識を活かし、細部までこだわったデザインや施工を提供します。これにより、顧客の満足度が非常に高く、信頼性の高いリノベーションを実現します。

リノベーション専門会社を選ぶ際は、過去の施工事例や顧客の口コミを参考にすることが重要です。具体的な実績や評価を確認することで、自分の理想とするリノベーションを実現してくれる会社を見つけることができます。専門性の高いリノベーション会社と協力することで、夢の住まいを手に入れる第一歩を踏み出しましょう。

大手建設企業のリノベーション部門

大手建設企業のリノベーション部門は、リノベーション市場において非常に重要な役割を果たしています。これらの企業は、長年の建設業界での実績と信頼性を背景に、高品質なリノベーションサービスを提供しています。ここでは、代表的な大手建設企業のリノベーション部門を紹介します。

ミサワリフォーム、新築そっくりさん、Livnessなど

ミサワリフォームは、全国的に展開する大手建設企業の一部門で、豊富な実績と高い技術力を持っています。特に、ミサワホームの建物を中心にリノベーションを行い、耐震性や断熱性などの性能向上にも力を入れています。

新築そっくりさんは、住友不動産が提供するリノベーションブランドで、名前の通り、新築同様の仕上がりを目指しています。住宅の外観や内装を一新し、最新の設備を導入することで、住み心地の良い住まいを提供します。

Livnessは、セキスイハイムグループが展開するリノベーションブランドで、環境に配慮したリノベーションを提案します。再生可能エネルギーの活用や、省エネルギー性能の向上を図ることで、持続可能な住まい作りを実現しています。

安心の実績と品質

大手建設企業のリノベーション部門は、長年にわたり培ってきた技術力と豊富な経験を基に、高品質なリノベーションを提供します。安心の実績を持つ企業は、多くの施工事例と顧客の信頼を積み重ねており、安心してリノベーションを任せることができます。

また、これらの企業は品質管理にも徹底して取り組んでいます。高い品質基準を維持するために、厳格な検査体制を整え、施工後のアフターサービスも充実しています。これにより、リノベーション後のトラブルを未然に防ぎ、長く快適に住むことができます。

さらに、大手建設企業は最新の技術とデザインを取り入れたリノベーションを提案します。革新的なアイデアと専門知識を持つプロフェッショナルが、顧客の要望に応じたカスタマイズプランを提供し、理想の住まいを実現します。

大手建設企業のリノベーション部門を選ぶことで、確かな技術と信頼性を基にした安心のリノベーションを受けることができます。これからリノベーションを検討する方は、ぜひ大手建設企業のリノベーション部門を選択肢に加えてみてください。

リノベーション済み物件販売会社

リノベーション済み物件販売会社は、リノベーションが完了した物件を購入者に提供する専門業者です。これらの会社は、物件の購入からリノベーションまで一貫して対応するため、手間を省きたい方や、プロの手による高品質な住まいを求める方に最適です。以下に代表的なリノベーション済み物件販売会社を紹介します。

リビタ、グローバルベイス、インテリックスなど

リビタは、リノベーション済み物件の販売を手がけるリーディングカンパニーです。物件の魅力を最大限に引き出すデザインと機能性を兼ね備えた住まいを提供しています。リビタの物件は、スタイリッシュでありながらも居住性を重視しているため、幅広い層に支持されています。

グローバルベイスは、デザイン性と快適性を追求したリノベーション物件を提供する企業です。特に、都心部のマンションを中心に手がけており、利便性の高い立地にある物件が多いのが特徴です。グローバルベイスの物件は、現代的なライフスタイルに合ったデザインが施されており、都市生活を楽しむ方におすすめです。

インテリックスは、リノベーション業界で長い歴史を持ち、多くの実績を誇る企業です。インテリックスの物件は、耐震性や断熱性など、住宅の基本性能を向上させるリノベーションが施されています。また、購入後のアフターサービスも充実しており、購入者が安心して住むことができます。

ワンストップでリノベーション物件購入可能

リノベーション済み物件販売会社を利用する最大のメリットは、ワンストップでリノベーション物件を購入できることです。これにより、物件探しからリノベーション計画の立案、施工管理、アフターサービスまで、一貫して対応してもらえるため、手続きや調整がスムーズに進みます。

また、これらの会社は専門のデザイナーや施工チームを抱えており、購入者の希望やライフスタイルに合わせたカスタマイズも可能です。例えば、内装のカラーや素材選び、設備の仕様変更など、細部にわたるまで相談しながら決めることができます。

さらに、リノベーション済み物件は、即入居可能である点も大きな魅力です。通常のリノベーションの場合、工事期間が必要となるため、引越しのタイミングを調整する必要があります。しかし、リノベーション済み物件なら、購入後すぐに新しい住まいでの生活をスタートすることができます。

リノベーション済み物件販売会社を選ぶ際は、実績や評価を確認し、信頼できる会社を見つけることが重要です。これにより、理想の住まいを手に入れ、快適な生活を実現することができるでしょう。

まとめ

マンションのリノベーションは、住まいをより快適で魅力的なものに変えるための重要なプロジェクトです。しかし、成功するためには、信頼できる業者の選び方や費用の相場、さらには補助金の活用方法をしっかりと理解することが欠かせません。この記事では、リノベーション業者の種類とおすすめポイント、業者選びの際に注意すべきポイント、リノベーション費用の相場、そして補助金の活用方法について詳しく解説しました。

まず、業者選びのポイントとして、工事実績やデザインが好みに合っているか、対応とアフターサービスが充実しているか、マンション工事の経験と知識があるかを確認することが大切です。これらのポイントをしっかりとチェックすることで、満足のいくリノベーションが実現できます。

次に、リノベーション費用の相場については、部分リフォームとフルリノベーションの費用例を具体的に紹介しました。部分リフォームでは、キッチンやバスルーム、リビングの改修が主な例となり、比較的低コストで済むことが多いです。一方、フルリノベーションは大規模な工事となり、高額な費用がかかりますが、完全に新しい住まいを手に入れることができます。

また、補助金の活用については、国や自治体が提供する補助金制度をうまく利用することで、リノベーション費用を抑えることが可能です。補助金の要件や申請手続きのポイントを押さえて、適切に活用することが重要です。

リノベーションを検討する際には、この記事で紹介した情報を参考に、自分に合った業者を選び、費用や補助金についても十分に調査することをおすすめします。そうすることで、理想の住まいを実現し、快適で充実した生活を送ることができるでしょう。リノベーションの成功を心よりお祈りしています。

この記事を書いた人

原崎 工基

2級施工管理技士。学生時代から愛知県で育ち、8年間の現場監督経験を積み、これまで600件以上の実績があります。現場では、実際の状況を見て的確な判断を下すよう心がけています。お客様の不安や疑問に真摯に向き合い、数々の経験を生かしたご提案をしています。他社とは異なるその場でお答えする提案でお客様の期待に応え、好評をいただいています。

2級施工管理技士。学生時代から愛知県で育ち、8年間の現場監督経験を積み、これまで600件以上の実績があります。現場では、実際の状況を見て的確な判断を下すよう心がけています。お客様の不安や疑問に真摯に向き合い、数々の経験を生かしたご提案をしています。他社とは異なるその場でお答えする提案でお客様の期待に応え、好評をいただいています。

ブログ一覧に戻る

おすすめ記事

thankブログの記事をご紹介しています。

リノベーションとリフォームの違いは?

リノベーションとリフォームとの違いは?進め方から事例まで紹介

2023.11.05

名古屋市内のリフォームとリノベーションの費用の違い

名古屋市内のリフォームとリノベーションの費用の違い

2023.12.06

住宅のリノベーションに使えるローン2種類を徹底比較!

住宅のリノベーションに使えるローン2種類を徹底比較!

2023.12.20

キッチンリフォーム費用のブログのサムネ

戸建てでキッチンのリフォームする前に!費用の相場を知ろう!

2023.12.26

リフォーム全体の流れ9ステップ

名古屋市でのリフォーム全体の流れ9ステップ

2024.01.27

リフォーム全体の工事期間の目安を徹底解説!

名古屋市でのリフォーム全体の工事期間の目安を徹底解説!

2024.01.31

システムキッチンリフォームの完全ガイド

2024.02.10

キッチンリフォームの費用相場と見積り

2024.02.17

リフォームの減税できる税金の種類や対象の工事など条件を解説!

2024.03.16

リフォームは時期が大切?築年数や部位、目的別に解説!

2024.04.12

リノベキッチンでおしゃれで機能的な理想の空間へ

2024.04.19

リノベーション会社の失敗しない選び方

2024.04.26

中古マンションリノベーションの業者選び方

2024.05.10

古民家リノベーションの業者選び方&完全ガイド

2024.05.17

先進的窓リノベ2024事業の概要と補助金申請のポイント

2024.06.15

2024年先進的窓リノベ事業で玄関ドア交換がお得に!対象商品と注意点

2024.06.15

リフォーム個別相談会のご案内

2024.06.15

システムキッチンリフォーム工事の費用目安を事例を交えて紹介!

2024.07.02

公式ブログ